HOME  HOME  >  組み立てなんて簡単だ!  >  パソコン静音化大作戦~パーツ交換でもっと静かに

パソコン静音化大作戦~パーツ交換でもっと静かに

以前の記事で、パソコンの騒音にはCPUクーラーとビデオカードのファンが関わっていると紹介しました。たいていのモデルはケース内の換気を行う、もしくはケースの交換で解決するとご紹介しましたが、それでもうるさい場合にはこの2つの交換も検討してみましょう。

CPUクーラーを交換して、静かに効率的に冷却を

まずはCPUクーラーについてです。パソコンショップに行くと、さまざまなCPUクーラーが販売されています。ここで注目したいのは、やはりファンの大きさです。以前にもご説明したとおり、ファンは口径が大きければ大きいほど回転数を減らすことができます。これはCPUクーラーにおいても同様と言えます。ただし注意したいのは、ケースのサイズによっては設置ができない可能性があるということです。取り付けが出来ないのではどうしようもありませんから、あらかじめケースの余裕について把握してから購入するようにしましょう。

また、さらに静音化を目指すのであれば水冷式のCPUクーラーも検討してみましょう。先ほどご紹介したものは空冷式と呼ばれるもので、基本的に風で放熱を図るものです。それに対して水冷式は、冷却水を用いてCPUを冷やすますので、冷却効果が高いと言えます。ただし、冷却水を冷やすには結局ファンを使いますので、これが小型のファンだと意味がありません。こうした点も注意しながら選択するようにしましょう。

うるさいビデオカードは交換するのが一番

ビデオカードは作業内容によってかなり高熱となります。このため、パーツを冷やすためにファンが必要となるのですが、小型のものが付いている場合にはかなりの騒音となる場合があります。

「じゃあビデオカードのファンも大型のものにすれば良い」となりますが、実はビデオカードのファンを交換するのは中々難しいもの。場合によっては故障の原因となるので注意が必要です。

もっとも簡単なのは大型、もしくはファンが複数ついたモデルに買い換えることです。小型ファンであっても、複数付いていれば一個あたりの負担が減りますので、回転数を抑えることが可能になります。

また、ゲームなどの高負荷となる映像処理が不要の場合は、ヒートシンク型のビデオカードを導入するのもひとつの手です。ヒートシンク型の場合、ファンがついていませんので確実な無音環境が手に入ります。その代わり、高性能は望めませんのでご注意ください。

このように、CPUクーラーとビデオカードを見直すことによってさらなる静音化が可能となります。それでもダメな場合は、より省電力なCPUへの載せ替えを検討するしかないでしょう。また、HDDがうるさい場合にはSSDへの換装も効果的です。