HOME  HOME  >  組み立てなんて簡単だ!  >  パソコン静音化大作戦~お手軽編

パソコン静音化大作戦~お手軽編

「パソコンの音がうるさい!」と感じたことはありませんか?新品であっても、構成によっては騒音が出てしまう物も多くあります。そこでここでは、手軽にできる静音化対策についてご紹介。快適なパソコン環境作りのために、ぜひお試しください。

まずは内部の換気を見直しましょう

パソコンの静音化の第一歩。それはパーツの交換ではなく、ケース内部の整理整頓です。自作PCの場合、特に初めての場合はケース内の配線がぐちゃぐちゃになっている場合が多いと言えます。これではどんなにファンが冷風を送ろうとしても、換気がうまく行かず熱がこもり、CPUやビデオカードが冷やされずにいつまでもクーラーが回り続けてしまいます。

パソコンの騒音でもっとも大きいのは、CPUクーラーとビデオカードのファンです。この二つの音を抑える方法は簡単。とにかくCPUとビデオカードが高熱にならないことです。低音であればCPUクーラーもビデオカードファンも低回転を維持できます。その結果、内部が静かになるという訳です。

ファンを交換して換気率アップ

ケース内部を整理整頓してもまだうるさい場合は、ケースファンの交換を考えてみましょう。この際に選ぶのは、設置可能な範囲で出来るだけ大きいモデルです。ファンは大きければ大きいほど、同じ風量でも回転数が下がります。回転数が低ければその分音も小さくなりますので、より静音性が高まるのです。

ただし注意したいのが、静音性を求めるあまり回転数が低すぎるモデルを選んでしまうことです。確かにケースファンは低騒音になるかも知れませんが、これでは結局内部の換気が足りなくなり、CPUやビデオカードの温度が下がりません。結果、以前よりもうるさいパソコンになってしまう可能性があります。

ケースひとつで音が静かに!

ケースファンを適切に交換しても、まだ騒音がするという場合は、ケースの交換についても検討して見ましょう。一番効果的なのは静音性を謳っているケースの導入です。こうした製品はエアフローがしっかり確保されつつ、さらに吸音材などの静音処理が施されているものが多いので、かなりの効果が期待出来るでしょう。

ただし、もちろんこうした静音ケースは高価である場合が多いので、あまり手軽に導入は出来ません。そこでオススメしたいのが、現在よりも一回り大きなサイズのものを選ぶことです。ケース内部に余裕が生まれれば、それだけで換気性能は上がります。ケースファンもより大きなものが取り付けられますし、配線も整理しやすいでしょう。大きさだけで見れば安価な製品も多いので、手軽な静音対策としてぜひ検討してみてください。

パソコンの静音化は一部分のみではあまり効果がないかも知れません。少しずつ改善を図って、満足のいく一台を完成させましょう。