HOME  HOME  >  Macが自作されない訳

Macが自作されない訳

パソコン自作とはWindows専門の言葉です。Macにそれを求めても、かなうことはありません。その理由について解説していきます。

最近人気のアップル製品

iPhoneやiPadなど、Apple製のデバイスを使用している方にとっては、やはりMacが使いやすく感じてしまうのも無理ありません。iCloudなどを使用すれば、 モバイルとデスクのシームレスな同期をはかれます。Windows機でもある程度のことは可能ですが、越えられない壁はどうしてもあります。

Macは高い!

スペックだけを比較すると、Macはどうしても割高に感じるでしょう。特に自作をはじめて見るとその差は如実。中古であっても値下がりがあまりないMacは、 Windowsユーザーからすると選ぶべきメリットが少ないように感じてしまいます。

「Macが自作出来たらなぁ」と考える人は多いでしょう。実際、Macと言えどもコンピューターであることに変わりはありません。一昔前までは、CPUも専用のものが使われていましたが、 今はすべてインテル製のものへ変わりました。パーツ構成はWindowsもMacもさほど変わりがないと言えるでしょう。

安定性を守るために

なぜMacは自作が出来ないのか?Apple社の戦略もありますが、実はそれ以上に「安定性」を重視したプロダクトデザインが、その最たる理由と言われています。

Macに使われているパーツは、実はWindows機に使用されているものとさほど違いはありません。メモリーやハードディスクなどは、サムスンやシーゲイトなどの他社製品が採用されています。 日本のメーカーである日立も、数多くのパーツを提供しているようです。

Windows機との違いは、採用されたパーツに対しての互換性や動作確認をしっかりと行っている点でしょう。パソコンパーツというのは、どうしても相性問題が存在します。 Microsoftはソフトウェアメーカーであるため、ハードは製造していません。(最近少し状況が違ってきてはいますが)そのため、各パソコンメーカーは個々にパーツを選択し、 Windows機を製造しています。もちろん動作確認などは行っていますが、ユーザーの使い方次第では、想定外の事態も発生し、トラブルを招いていると言われています。

Macはマザーボードの仕様を公開しないことで、こうしたトラブルを回避しています。他メーカーに製造をさせないことで、自社のみの環境だけを提供。結果としてそれが、 ハードとソフトの完璧な互換性を作っていると言えるでしょう。

Macが自作出来ないのには、安定性を考慮し、ユーザーに快適な使用環境を約束するという理由があります。自作好きにとってはちょっとだけ、歯がゆい思いがありますね。

Mac(Apple社)の自作パソコンはできないのか? | 自作パソコンの作り方解説