HOME  HOME  >  CPUって何だ?

CPUって何だ?

パソコンの性能はCPUで決まります。誇張でも何でもありません。性能の高いPCを自作したいなら、まずはここから勉強しましょう。

そもそもCPUとは?

パソコンの中でも、特に分かり辛いのがCPUです。いきなりこんなアルファベット三文字を並べられたって、理解出来なくて当然。ですが、パソコンにとってこれほど重要なパーツはありません。 CPUの性能の差が、戦力の決定的な差になることもあります。しっかりと理解しましょう。

基礎知識を知ろう

まずはちょっと専門的なお話から。難しいかも知れませんが、なんとなく知っておいて損はありません。「醤油は大豆からできている」みたいな基礎知識だと思っていてください。

CPUの「C」はセントラル。「P」はプロッセッシング。そして「U」はユニットです。日本語にすると、中央で処理を行う装置、という意味になります。なんとなく、 重要なものだろうな?というイメージはついたでしょうか?つまりパソコンの中心は、CPUであるということです。

頭の良さはスピードに繋がる

きっとまだまだわからない、という人が多いと思うので、例を出して説明してみましょう。CPUはパソコンの頭の良さと言えます。例えば、頭の良い人が計算を行うと、 きっと問題を速く解けますよね?逆に、あまり頭が良くない人だと、時間がかかってしまいます。

置き換えると、CPUの性能が良ければそれだけ、計算が速いということです。計算が速ければ、いろいろな作業をする時に非常に快適になります。パソコンの処理が遅いために、 長い時間待たされる、といったストレスが軽減されます。

2大メーカー、どちらを選ぶ?

CPUはインテルという会社とAMDという会社が、そのほとんどを開発・製造しています。2つの会社の差はいわば、得意分野です。例えば、インテルはサッカーが得意だとしましょう。するとAMDは、 とてもきれいな絵が描けると言えます。それぞれに、得意とする種目が違うので、一概に比較はできません。

AMDの方が価格はリーズナブルなものが多いです。とは言え、安さにつられて購入するのはちょっと待って頂きたいです。自分がどんな作業をするのかを良く考え、 メーカー及びCPUのモデルを選ぶべきです。

CPUはパソコンの脳です。選び方ひとつで作業時間に大きな差が生まれます。きちんと考えた上で、何を買えばいいのかを決めてください。

価格.com - CPU 人気売れ筋ランキング