HOME  HOME  >  PCパーツの役割  >  高級キーボードのススメ

高級キーボードのススメ

パソコンショップに並んでいるキーボードの中で、見た目は古くさい印象なのに、なぜか値段がものすごい高いものはありませんか?実は、それが高級キーボードです。今回は、自作PCが好きな人ならきっと気に入るであろう、高級キーボードの世界をのぞいてみましょう。

東プレ「リアルフォース」シリーズ

高級キーボードの代表的な存在として知られているのが、東プレが販売しているリアルフォースシリーズです。こちらのキーボード。見た目は昔ながらのフルキーボードなのですが、少しだけ触ってみるとその素晴らしさに気づかされます。

こちらのキーボードで使用されているのは静電容量無接点方式という構造です。メンブレンなどの方式というのは、キーが最後まで押されたときに入力が確認されるというもの。一方、静電容量無接点方式の場合は、機械接点がそもそもなく、タイプ時に不快な加重が指に伝わらないという仕組みになっています。

さらに、リアルフォースのメリットはキー配列が完全なスタンダードであること。この後ご紹介する高級キーボードの中には、配列が特殊になっているものも多いです。もちろん、それは使い勝手を計算して決められた配列ではあるのですが、なれない人には少し厳しいかもしれません。一万円を超える値段で買ったキーボードが手に合わないと言うのは悲しいもの。リアルフォースであれば、こうした心配は無用です。

PFU HHKB

PFUという会社が販売しているHappy Hacking Keyboardも、キーボード好きからは評価の高い製品です。とある大学教授が理想の配列を求めてデザインしたキーボードとなっており、かなり大胆なキー配列になっているのが特徴、。CapsLockだけでなく、なんと十字キーまでもが除外されています。

もちろん、十字キーについてはファンクションキーとの組み合わせで利用できるのですが、初めて通買う人の場合は違和感たっぷりといわざるを得ません。しかし、一度はまるとHHKB以外は使えなくなってしまうのだとか。

ちなみに、こちらのキーボードも東プレのリアルフォース同様、静電容量無接点方式が採用されており、タイプ感は抜群です。評価もすこぶる高い、まさにプロ用のキーボードと言えるでしょう。

ちなみに、こちらは廉価品となるLiteも出るが販売されています。5,000円程度で購入できるので、キー配列が不安な方は、はじめにこのモデルから試してみるのもおすすめです。

FILCO マジェスタッチ

静電容量方式のスコスコした感じが苦手、という方におすすめなのが、FILCOが販売するマジェスタッチシリーズです。このキーボードはチェリー方式と呼ばれるメカニカルスイッチが採用されており、カチカチとした打鍵感が伝わってきます。

なお、ユーザーの好みによってタイプの重さを換えられるのも特徴でしょう。赤・青・茶・黒・ピンクの5種類があり、それぞれに重さや音が異なります。軽めのタッチ感が好きなら青。カチカチといった音をしっかりならしたいなら赤。キーを押し込む感覚を得たいなら茶。しっかり思いタイピング感は黒。こうした違いがあるので、まずは一度家電量販店などで、その感触を確かめるのがおすすめです。