HOME  HOME  >  PCパーツの役割  >  CPUクーラーって?純正品でもOK?

CPUクーラーって?純正品でもOK?

自作PCを作成する場合に使う「CPUクーラー」。CPUを購入すると、一緒に純正のものが付いてくることが多いです。もちろん、純正品ですから、そのまま使っていても何の問題もありません。しかし、よりハイスペックで静音性を求めるのであれば、専用の製品を用意するのもオススメです。

CPUクーラーの役割

PCの内部に搭載されるCPU。これはPCの頭脳とも呼ばれる重要なパーツです。ユーザーからの指示を受け、高速で計算を行う正に"コンピューターの中枢"と言えるでしょう。

一方、このCPUはものすごい熱を放つことでも知られています。人間でも、余りに考えすぎると知恵熱が出ることがありますよね? CPUの熱とは、これに近いイメージのものです。

温度が高くなりすぎてしまった場合、CPUは熱暴走をはじめます。PCの調子が悪くなる原因としてもよく挙げられる症状です。熱暴走に陥ったCPUは劣化をはじめ、長期にわたってその状況が続くと故障をしてしまいかねません。

この熱を冷ますために利用されるのがCPUクーラーです。一般的には、ファン(扇風機)の形状をしています。CPUクーラーのおかげで熱が外に排出され、PCは通常通りの動作ができるようになるのです。

CPUクーラーの種類について

前項でもお伝えした通り、CPUクーラーのほとんどはファンの形をしています。今の所、コストを抑えて放熱を行うにはこれがもっとも適しているからです。そのため、純正品として付属するCPUクーラーも、やはりファンの形状になっているものが多いです。

純正品は取り付け形状などもしっかり互換性が計算されているので、マザーボードの種類が合っていれば問題無く取りつけられます。もしも取りつけられない場合は、そもそもマザーボードとCPUに互換性がない状態です。この場合は、残念ながら買い直さなくてはなりません。

CPUクーラーは純正品以外のものもパソコンショップで販売されています。特に、ハイスペックなPCを自作したい人や、静音性の高いPCを組み立てたい方に重宝されています。

冷却性を重視するCPUクーラーだと、ファンが2つ付いていたり、大型の扇になっていたりするものが多いです。前者は冷却性がダブルになるシンプルな仕組みです。大型のものも、ファンが大きいので冷却性がアップする他、静音性を高められるという利点があります。

前述の空冷式に対し、水の冷気を使って冷却を行う「水冷式」というCPUクーラーもあります。実際に使われるのは純粋な水ではなく、温度を吸収しやすい特殊な冷却水です。冷却水が流れる管がPC内部を通り、CPUから熱をうばったあとでケース内外へと運ばれ放熱がされます。ただし、値段の安い水冷式のCPUクーラーの場合、冷却水を冷やすのにファンを利用します。その結果、静音性という部分ではあまり意味がないケースも多いです。

適切なCPUクーラーを使って楽しく自作

ハイスペックで静音性の高い自作PCを作りたい場合、CPUクーラーに目を向けるのは非常に重要です。つい純正品でも大丈夫と思ってしまいがちですが、専用の製品を購入すればより高い冷却性が得られますし、ファンの回転する音に悩まされることもありません。ぜひ、導入を検討してみましょう。