HOME  HOME  >  PCパーツ、それぞれの役割  >  中古HDDとSSDには注意が必要

中古HDDとSSDには注意が必要

中古パーツというのは非常に魅力的です。少し型が古くなれば一気に値段が下がりますので、自作PCユーザーには非常に助かる存在でしょう。しかし中には、できれば中古で購入しない方が良いものもあります。それはHDDやSSDなどの記憶装置です。なぜこれらのユーズドには手を出さない方が良いのかについて解説していきましょう。

いつか壊れるものを中古で買うということ

そもそもHDDはいつか必ず壊れるものだ、という認識を持ってください。そして寿命は約5年程度だと思っておけば良いでしょう。もちろん、毎日ハードに使う人であればより短命になります。逆にライトユーズであればあるほど長持ちもします。

このように、HDDの中古というのはすでにある程度耐久性が落ちている可能性があるので、手を出さない方が無難と言うわけです。

もしもHDDが壊れたら・・・

ではHDDが故障するとどのような事態が起こるでしょうか?まず、データとOSを同一のディスク上に入れていた場合、そもそもOSが起動しないのですからどうすることも出来なくなります。

論理的障害の場合、OSのクリーンインストールを行えば起動は出来るようになりますが、データは戻ってきません。(ただし、他のPCやポータブル版のLinuxを使えばファイルのサルベージができる可能性もあります)しかもアプリケーションのインストールもすべてし直しで、非常に大変です。また、物理的障害の場合は再インストールすら不可能となります。

中古HDDは用途を考え定期的なバックアップを

もしも中古のHDDにしか手が出ない、もしくは貰うなどしたのであれば、基本的にデータ用のドライブで使用するのをオススメします。OSを入れるものに関しては、必ず新品を使うようにしてください。

そして、定期的なバックアップを必ず取るようにしましょう。アプリケーションなどは再インストールを行えばある程度回復できますが、写真や動画などの思い出は戻ってきません。壊れてからでは遅いので、日頃から心がけておきましょう。

SSDは使用回数に注意!

SSDに関しては、ちょっとやそっとで壊れることはありませんので物理的な障害を心配するのはほとんど不要です。しかし、書き込み回数に制限があるというデメリットについて忘れないようにしましょう。

特に中古のSSDの場合には、今までにどれだけ使用されたかがわからない物も多いので、買ってから短寿命に気づくということも考えられます。重要なデータを入れるディスクには適しません。

中古のディスクだって活用したい!

中古のHDDやSSDを有効活用したいのであれば、専用のケースを購入し、ポータブルディスクとして持ち運び可能にすることをオススメします。

3.5インチのHDDだと少し重いですが、ノート用の薄型HDDなら鞄にもすっぽり収まるでしょう。さらにSSDはそもそもが薄く小さく、さらに衝撃にも強いのでモバイル用途には最適です。

このように、自作PCに組み込むパーツとしては中古HDD及びSSDはオススメ出来ません。しかし用途によっては有効活用も可能です。正しい運用法を考えて、便利にお得に中古パーツを使いましょう。