HOME  HOME  >  PCパーツの役割  >  キーボード選びの基本的なチェックポイント

キーボード選びの基本的なチェックポイント

自作PCを作る際に、必ず必要になるのがキーボード。しかし、とりあえずという感じで安い物を選んではいませんか?キーボードはパソコンの中でももっとも操作するのが多いアイテムです。

マウスと同じかそれ以上にこだわって選んでおくと、後々のPCライフが楽しくなるでしょう。今回は、そんなキーボード選びの際に知っておきたい基本的なポイントを4つご紹介します。これから自作PC制作をはじめる方は、ぜひ参考にしてください。

サイズ

キーボードには現在さまざまな種類が存在しています。その中でポイントになるのが、テンキーがあるかないか。前者はいわるゆいスタンダードサイズのフルキーボードと言います。普段からデスクトップPCを使い慣れている方であれば、こちらがしっくりくるかもしれません。また、エクセルなどのソフトで頻繁に数字入力をしなくてはならない時にも便利です。

一方、テンキーを取り除いたテンキーレスのキーボードはコンパクトさが魅力です。机の上のスペースを広く使えるようになるので、他のデバイスを置くのにも便です。また、キーボードのホームポジションに指を置いた場合、右手とマウスまでの距離が近くなるというのもポイントのひとつ。マウスをよく使うような人にはオススメです。

有線orワイヤレス

今はワイヤレスキーボードが主流になってきていますが、有線キーボードも根強い人気があります。理由としては、スリープに入らないのですぐにタイピングができる点や、遅延がないところ。特にゲームユーザーの場合は、有線キーボードを使用している方が多いです。

一方、ワイヤレスキーボードの利点はなんと言っても取り回しの良さ。線がないので、机の上もすっきりです。ちないに、無線の種類にはUSBレシーバーを使ったものとBluetoothテクノロジーを用いたものがあります。基本的にどちらもワイヤレスであることに変わりはありませんが、一般的にUSBタイプの方が安定して使えるケースが多いです。

キータッチ

キーボードで採用される代表的なタッチは以下の4つです。

・メンブレン
いわゆるキーボードといったタッチのものです。ストロークが深めで、確実な入力感を得られるのが特長です。

・薄型メンブレン
メンブレンよりもキーストロークが浅いタイプのものです。とは言え、押し心地は近いものがあるので、タイプが乱れることはありません。比較的軽くタイピングできます。

・パンタグラフ
ノートパソコンなどで利用されることの多いタイプのキーボードです。人によっては、軽いタッチで入力ができるのでこれを好む方もいらっしゃいます。

・メカニカル
独特で深いキータッチの構造です。キーボード内部に金属板が入っており、カチっとして音が鳴ります。軽く押せるのに、確実なタイプ感が得られることで人気ですが、比較的高価です。

マルチメディアキー

キーボードメーカーが独自に追加するキーです。たとえば、音楽を再生・停止したり、音量を調整したりといったことができます。ただし、こうした機能はOSとの互換性が必要なので、パッケージに書かれている対応表を必ず確認してください。