HOME  HOME  >  PCパーツ、それぞれの役割  >  マザーボードは世代に注意?

マザーボードは世代に注意?

マザーボードはすべてのパーツが接続される、いわばパソコンの中心となる部分です。例えるなら背骨といったところでしょう。人間と同じように、古ければそれだけガタも来ますし、力強く動きません。かなり大事なパーツなので、購入の際はしっかりと選んでください。

購入の際、チェックしたいポイント

マザーボードを買う際にまずチェックしたいのはメーカーです。色々な会社が作っていますので、どれを選んだらいいか、正直迷ってしまうでしょう。そんな時はやはり大手のものが信頼できます。GIGABYTE、ASUSTek、そしてCPUでも有名なIntelでしたらサポートも万全なので安心です。

次に大きさもチェックしておきましょう。小さいものはコンパクトで場所を取らないから人気がありますが、拡張性などのことを考えると初心者の方であればはじめは「ATX」という規格を選んでおけば間違いありません。

とにかく新しい方が良い?

次に確認しておきたいのがチップセットとCPUのソケット形状です。これはCPUを選ぶ際に重要になるポイントです。古いモデルですと、当然チップセットとCPUソケット形状も古い型になります。最新のCPUに対応していないと、どんなに頑張っても時代遅れのロースペックマシンにしか仕上がりません。

また、その他のポートやスロットの規格に関しても同様です。特にSATAというインターフェースの世代が古いと、高速のSSDやHDDを活かすことが出来ず、マシン自体の動作を遅くする原因にもなります。何かを増設したいと思った時にも規格が古くて取り付けすら出来ない、というのは悔しいものです。

基本的には新しいものを購入しておけば間違いありません。安さに惹かれて、中古の古いマザーボードを買わないように気をつけてください。もちろん、コストを抑えたいのであれば工夫次第で安く揃えることも出来ます。ですが将来的に、スペックが不足すると、結局また買い換えとなってしまいます。費用対効果を考えても、「新しい」にこしたことはないでしょう。