HOME  HOME  >  PCパーツ、それぞれの役割  >  OSは全てを司る

OSは全てを司る

パーツと同様に、PCにとって必ず必要なものがOSです。機械はOSなしでは操作出来ません。私たちが普段PCと読んでいるのは、もしかしたらこのOSのことかもしれません。

ソフトだけど、パーツと同等の存在

OSはパーツではありません。ソフトです。しかし自作界においては、ほとんど同列に考えられています。それはOSが全てのPCの基本であり、なくてはならないマスターピースだからです。機械にとってそれほどまでに重要なOSとは、一体何なのかを解説していきます。

どこにでもあるシステム

OSはオペレーション・システムの略です。PCの機能をオペレート(操作)するためのシステムなので、これがなくては人間は機械を操ることもままならないでしょう。マザーボードにはじめから入っているBIOSというのもOSのひとつです。コンビニのレジにもOSは使われています。カーナビやDVDプレイヤー、テレビにだってOSは組み込まれています。OSによって、私たちは機械を操作することが出来ます。

OSが進化して、今の使い心地がある

WindowsやMacOS、LinuxといったものはGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を備えたOSです。フォルダを開くとウィンドウが表れ、マウスやキーボードでそれを操作する。一見当たり前のことですが、GUIがなくては実現しないことです。

それまでのPCは、言ってしまえばタイプライターと電卓を足して2で割ったようなものでした。数字を打ち込み計算させる。コンピューターとはもともと、ただの計算機でした。

WindowsやMacOSはOSに快適な操作性を加え、それまでのコンピューターの使い勝手をイノベートしました。タイピングではなくマウスで操作することで、誰にでもテクノロジーが身近になったと言えるでしょう。OSの進化はそのまま、PCの使いやすさの進化と言えます。

PCはCPUがなくては動きません。HDDがなくてはデータを保存できません。メモリーがなくては、快適に動きません。OSがなくては操作すらできません。自作を行う際には、さまざまなパーツと同じように、OSを選び、購入する必要があると言えます。

2013年10月のブラウザシェアやOSシェア(NetApplications調べ)