HOME  HOME  >  PCパーツ、それぞれの役割  >  爆速SSDでパフォーマンスアップ!

爆速SSDでパフォーマンスアップ!

最近の自作PC周りでよく耳にするSSD。一体何のことかみなさんご存じでしょうか?実は、SSDを導入するだけでPCのパフォーマンスが劇的に良くなる場合があります。これから新たにマシンを組む方も、現在のマシン性能に不満がある方も大注目です。

とにかく速い!SSDの魅力

そもそもSSDとは一体どんなパーツなのかと言うと、何のことはない、ただの記憶装置の一つです。「じゃあHDDと変わりないのでは?」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。

SSDのすごさはその読み書きのスピードにあります。HDDに比べると、モデルにもよりますがその差はなんと2倍以上。最新のマザーボードなどと併用することで、従来では考えられないほどのスピードを得られます。

フラッシュメモリが実現するメリット

一体なぜこんなにSSDは速度が出るのでしょうか?その秘密は根本的な作りの違いにあります。HDDの内部構造は簡単に言うと、筐体の中に磁気ディスクが入っていて、それを高速回転させながらデータを読み書きするというものです。こうした構造を持っているため、ひとつのファイルを読み書きするのにも物理的な動作が必要となり、時間がかかってしまうのです。

それに比べてSSDは、フラッシュメモリと呼ばれる装置が内蔵されており、HDDのようにディスクを回転させる必要がなく読み書きの時間が短縮されます。さらに構造上、衝撃に強く軽量であるというメリットもあり、ノートパソコンやタブレットなどで積極的に導入がされています。もちろんデスクトップでも静音性などの面で優れていますので、今後はさらに普及していくことが予想されます。

運用時に注意したいポイント

完全無欠に思えるSSDですが、デメリットも少なからずあります。その一つが価格です。発売からある程度経過し、だいぶこなれてきた感もありますが、まだまだHDDに比べると高価であることに変わりはありません。また、HDDのように大容量のモデルが少なく、あったとしてもかなり費用がかかるので、導入が現実的でないと言えます。

さらに大きな欠点の一つに、書き込み回数の制限が挙げられます。上限に達すると動作すら怪しくなってしまいますので、普段からよけいな読み書きを行わないよう、設定などを考えなくてはなりません。

もちろんHDDにも寿命はありますし、論理的な故障も起こり得る問題です。しかしSSDと違ってタフであることは間違いなく、最悪業者に依頼をすればデータのサルベージも行うことが可能です。こうした面も考慮しながら、上手に使い分けることが大切と言えます。

このように、SSDには多くのメリット、デメリットが存在しています。導入をすればパフォーマンスが向上することはほぼ間違いなし。ただし、起こり得るトラブルにはしっかり対策を施して運用することが求められます。