HOME  HOME  >  PCパーツ、それぞれの役割  >  サウンドカードが作る豊かな音像

サウンドカードが作る豊かな音像

PCで音楽を楽しみたいのなら、標準の音声出力で満足してはいけません。専用のものを購入して、良い音楽を、良い音で楽しみましょう。聴くだけでなく、楽器をプレイする人にもお勧めです。

良い音で聴きましょう

PCには大容量のHDDが搭載されているので、自分のCDコレクションをすべてインポートし、ジュークボックス代わりにする人も多いでしょう。iTunesやWindowsMediaPlayerを使えば、聴きたい曲がすぐに見つかりますし、なによりCDの入れ替えの手間がなくて便利です。

しかし、オーディオマニアでなくても、誰だって音楽は良い音質で聴きたいもの。パソコンに付いている小さなスピーカーでは満足な鑑賞は出来ないでしょう。ではどうするか?まずはやはり良いスピーカーが必要です。低音から高音までバランス良く再生出来るものがあれば、今まで聴いていた曲にも、新たな発見があるかも?

出力部分にも目を向けましょう

しかしスピーカーにこだわっただけでは、本当の良い音は実現しません。次にこだわるべきはPCの音声出力部分です。ここで、サウンドカードというパーツが重要となってきます。聞き慣れないものだと思いますが、実はほとんどのマシンには標準で搭載されているものです。

はじめからついているサウンドカードは、はっきり言ってオマケのようなものです。デジタル出力がついていればギリギリ合格ですが、イヤフォンしか出力端子がないなんてことも。それだけではきちんとした音像は表現出来ません。アーティストの表現を全て感じ取るためには、サウンドカードが必要不可欠です。

どんな製品を選ぶのが良いの?

各社からさまざまなモデルが発売されていますが、お勧めは外付けで真空管プリアンプが入っているようなものです。USBで接続できるので汎用性も高く、ひとつもっておけば重宝することでしょう。音はもちろんピンキリですが、標準搭載のものに比べればその差は歴然。「買って良かった」実感してもらえるはずです。

音楽をする人なら、マイク入力がついたオーディオインターフェースを選ぶのも良いですね。近年のDTMの普及を受けて、さまざまなメーカーがお手頃な値段で販売しています。低価格で音楽制作環境が整うので、これからギターをはじめる若者や、昔バンドで活躍していた、というお父さんにもお勧めです。

素敵な音楽も、劣悪な環境では感動が半減するというもの。スピーカーやヘッドフォンをこだわるのと同じように、サウンドカードにもこだわってみてください。