HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  ディスプレイで変わるパソコンの環境

ディスプレイで変わるパソコンの環境

パソコンを使うとしたら、映像の出力先となる『ディスプレイ』は必須ですね。昔に比べてデザインも性能も大きく向上した部分ですが、パソコン本体に比べて破損しにくく、古いものを今でも愛用する人が多いでしょう。

だから自作PCユーザーも、「ディスプレイの部分は今まで使っていたものを再利用しよう」と考えるかもしれません。使うものにもよりますが、こだわった自作PCで使うなら、より良い製品を選ぶべきです。

バリエーションが増えたディスプレイ

CPUやメモリにはこだわるのに、「ディスプレイなんて映ればどれも同じでしょ?」と思う人もいます。しかしそれは大きな間違いで、ディスプレイの性能が極端に低い場合、遅延や可読性で問題が生じます。

また、ディスプレイは「とりあえず高いのでいいや」というものでもありません。その人の環境によって最適な製品が異なり、机の広さやどんな作業をしているかで、選ぶべき値段や性能に差が出ます。

もしも自作PCユーザーが新たに本体を組む場合、今まで使っていたディスプレイが高性能なら、そちらを再利用しても良いでしょう。ですが買い替えするつもりなら、自分にとって最高の製品を選ぶべきです。ディスプレイとは長時間にらめっこするので、適当だと後で後悔します。

ディスプレイのサイズについて考える

まず、ディスプレイでチェックすべきはその『サイズ』でしょう。基本的にディスプレイは大きいほど作業領域が拡大し、複数のアプリを立ち上げても視認性が高くなります。しかし、大きいだけでは、誰にとってもプラスとは言い切れません。

大きなディスプレイを設置するなら、それだけ机に広いスペースを要求します。狭い机に無理に置くと、マウスやキーボードの領域を圧迫しますし、画面も近すぎるため「でかすぎて一目では全体が収まらない…」と後悔しますね。

自分の環境に応じてサイズを選択すれば、小さなディスプレイほど価格も下がるので、節約にも繋がります。視認性と作業スペースの兼ね合いを重視し、良い一枚を選んでください。

ディスプレイの解像度について考える

ディスプレイといえば、『解像度』の性能も要求されます。解像度が高いほど画像がくっきり綺麗に表示され、美しい光景が見られるでしょう。話題の4Kなどに対応していれば、息を呑む体験も可能ですね。

ただ、これも「普段どんなものをディスプレイで見ているか?」という点が関わります。例えば、元々小さな容量の画像しか見ないなら、全く意味がありません。解像度が高いほど画像も小さく表示されて、作業効率を下げることもあります。

解像度を意識するなら、普段扱う画像や動画のサイズで選びましょう。解像度が高いとサイズの大小以上にコストが跳ね上がるので、写真の編集やイラスト作成をしないなら、ミドルモデルでも十分綺麗です。

ディスプレイのデザインについて考える

そして最後に、ディスプレイの「デザイン」について考えましょう。「デザインなんてどうでも良くない?」とパソコン初心者は考えますが、外観が美しいとモチベーションが上がり、自作するユーザーほどこだわり派も多いので、デザインも見逃せないポイントなのです。

そうなると、自分の部屋との兼ね合いも大事でしょう。例えば、近年人気のApple製品だとアルミ系が多いように、周りをシルバー系と相性が良いもので揃えないと、浮いてしまいますよね?

自作PCでは本体ケースの色が基調になるので、ディスプレイも可能な限り同じ色、デザインで揃えましょう。そうすることで、統一感のある美しい作業風景になります。