HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  自作PCには整った環境も必要

自作PCには整った環境も必要

パソコンの組み立てや使用を快適に行うには、実はお部屋の環境を整備することが大切です。一見関係のないことのようにも思えますが、しっかり取り組むことで組み立てが楽になり、パソコン自体の長寿命にも繋がります。片づけや禁煙などを行い、自作PCライフを満喫しましょう。

自作をするならまずは部屋の片づけから

自作PCの組み立て作業をするには、ある程度のスペース確保が大切です。ケースを横に倒したり、パーツを並べたりする必要がありますので、作業前にはある程度部屋の片づけをするようにしましょう。さらにホコリなどは故障の原因にもなる天敵です。こう考えると、自作PCユーザーは普段から部屋の片づけをすることも求められると言えます。

特に予備パーツなどが増えると、置き場所も考慮しなくてはなりません。ある程度古くなった物は売却したり処分したりするなどを心がけ、整理整頓をするようにしてください。

タバコはパソコンの天敵

部屋の環境整備という意味では、タバコもかなり大きな問題です。百害あって一理なしというのはパソコンにも適用されます。

パソコンは外気を取り込み、換気を行うことで内部を冷やし、正常動作ができる仕組みとなっています。その空気がタバコの煙によって汚れてしまえば、当然パソコンのケースも汚染されてしまい、パーツなどの寿命を縮めてしまうことになるでしょう。

さらに当然体にも悪影響をおよぼします。特に男性で気をつけたいのはやはりEDの問題。女性との関係を良好に保つためには体のコミュニケーションは必須です。バイアグラといった治療薬を使用することで改善することも可能ですが、そもそも下半身への血流が疎外されるのが原因なので、タバコを吸い続ける限りはリスクが大きくなっていくと考えて良いでしょう。バイアグラを服用しても、タバコのせいで血管が収縮すれば効果も低くなる可能性があります。

ちなみにバイアグラは現在ジェネリック医薬品が発売されていますから、お財布の中身に不安がある方も気軽に購入が可能です。EDは喫煙に関わらず発症する場合もありますので、心配な方はあらかじめメンズヘルスクリニックなどへ行き処方してもらいましょう。

置き場所にも注意が必要

最後にパソコンの置き場所についても考えておきましょう。上記のように、換気を行うことが重要となりますので、ある程度壁から離して設置することが大切です。また、ホコリが舞いやすいテーブルの下などもできるだけ避けるべきでしょう。

理想的なのはデスクの上と言えます。USBの取り外しなども容易ですし、ケーブルの取り回しにも便利です。少しスペースを奪ってしまうのが気にはなりますが、長く自作PCを使い続けたいのであれば我慢するべきでしょう。少し小さめのケースを検討するのもひとつの方法です。

パソコンを快適に組み立て・運用したいのであれば、環境整備は必須項目の一つです。自作をはじめることをきっかけに、部屋の整理整頓や禁煙について検討してみましょう。