HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  高性能はこのために!?自作PCユーザーはゲーマーも多い

高性能はこのために!?自作PCユーザーはゲーマーも多い

昔から、『高性能なパソコン=ゲーミングパソコン』であることが多いです。今でもネット検索をすれば、ゲームに特化したマシンがたくさんヒットするでしょう。そして、彼らの進化は止まりません。

なぜなら、ゲームは非常に進化も早く、年々必要要件があがっていくからです。「この前買ったと思ったのに、早くも力不足になってきた…」こんな思いをしたくないなら、ゲーミングパソコンを自作してはどうでしょう?

有名なゲーミングパソコンは高い!

ゲーミングパソコンは一般メーカーも作っており、仮に「特にお金の使い道がないし、資金には余裕がある!」と断言するなら、そちらから購入すれば手っ取り早いです。しかし、お値段は必ず見てください。

メーカーが作ったゲーミングパソコンは、びっくりするほど高価です。10万円じゃ全く足りず、ものによっては50万円すら超えます。カスタマイズを希望すればもっと引き上げることも可能で、「本当に買える人いるの…?」と疑問に思うレベルでしょう。

もちろん、それだけお金を取るわけですから、性能自体は文句ありません。外観に関しても凝っていますが、やっぱり値段の壁は高いです。ゆえに、「ゲーミングパソコンが欲しいなら自作すべき」という主張が多いのも納得ですね。

自作すると安さが違う

メーカーのパソコンはパーツ代もさることながら、組み立て代などの人件費もかかっています。高価格品ほど丁寧に作られていますが、やはり省けるコストは省きたいですよね?

自作PCの場合、実質的には部品代だけで済むのですから、ある程度安くできるのは当然です。特に最新のパーツが発売された直後なら、メーカーの既存品以上の性能だって狙えます。

ただし、使うパーツやどこを重視するか、こうした判断も欠かせません。最新ゲームに対応したいなら、重要なパーツはしっかり覚えましょう。でないと、ゲーミングパソコンに追いつくことは不可能です。

ゲーミングパソコンに求められるパーツとは?

ゲーミングパソコンを目指すなら、『ビデオカード』は絶対に外せません。他のパーツに比べて軽視されやすいですが、『3D表示機能』に関わるのがポイントです。パソコンのゲームは3Dが非常に多く、これが不要なわけありませんね。

そして、『CPU』ももちろん欠かせません。全体的なパソコンの処理を担当するのですから、優れていればゲームはもちろん、他の日常的な作業も快適になります。CPUメーカーで有名なインテル製品でいえば、『Core7』が高速処理でゲーム向きでしょう。

あと、『メモリ』も盛れるなら盛っておきたい部分です。ゲーム自体のサイズが大きいなら、メモリの占有率も相当ですね。特にプレイ動画を撮影しつつゲームするなら、より多いと安定します。

進化するゲームに自作で対応するには

最初にも書きましたが、ゲームの負荷は日に日に上昇しており、ゲーミングパソコンを毎年のように買い換えていると、お金がいくらあっても足りません。その点、自作ならどうでしょうか?

自作の場合、パーツの組み替えが容易です。「CPUは足りてるけど、最近メモリが不足しているなぁ…」と感じたら、メモリだけ換装しましょう。部品によって値段は違えど、買い換えに比べると激安です。

故障した時も同じで、問題の部位だけ取り外し、新しく組み換えればまた無事に動かせます。長くゲームを楽しみたいなら、是非とも自作PCを狙ってくださいね。