HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  パソコンに欠かせないキーボードにこだわる

パソコンに欠かせないキーボードにこだわる

最近の若い人は、「文字入力ならフリックができないとダメでしょ!」と答える割合が増えました。スマホで編み出されたフリック入力は、日本語入力方法として高い完成度を誇りますね。ですが、それはあくまでプライベートでの話です。

仕事をする場合、キーボードが打てないと論外です。「キーボードよりもフリックが早い!」と断言する人は、ただ単にフリックを使う時間が長いだけでしょう。キーボードを使いこなせると、別次元の利便性を得られます。

キーボードで可能なことはたくさんあります!

フリック入力はガラケーのテンキー入力に比べ、大きくスピードアップできます。ただ、スマホという小さな画面でのみの話で、パソコンがメインのビジネスの世界では、通用する場面が少ないのです。

そうなるとやはりキーボードですが、こちらは文字を打つだけのツールではありません。ショートカットキーに代表する高機能ぶりは、毎日の仕事をがっちりサポートしてくれます。

さらに音量や光度の変更もお手のもので、自作PCユーザーにも欠かせないアイテムでしょう。本体をこだわって自作するのなら、キーボードにもこだわってください。そうすると、圧倒的な本体性能を、もっと高次元に引き上げられます。

キーボードは有線?それともワイヤレス?

キーボードを選ぶなら、基本は『有線式』か『無線式』です。最近人気なのはワイヤレスとも呼ばれる無線ですが、有線だって根強い人気がありますね。

まず有線式だと、反応に優れるのが大きな利点です。ボタンを押したのに「画面に文字が出るまでラグが…」なんてことになれば、ストレスも溜まります。しかも電源は本体から供給するので充電不要、デスクトップPCとは特に相性が良いでしょう。

ただ、無線式は文字通り線がなく、非常に省スペースです。移動も楽チンだし、掃除しやすくて衛生的でもあります。テンキーレスの小型タイプや折りたたみ可能な製品なら、外出の時にも持ち運べる優れものです。

テンキーは必要?不要?

パソコンのキーボードには、『テンキー付き』と『テンキーレス』があります。テンキーは主に数字入力に特化した部分で、これの有無で得意分野が違ってきます。

テンキー付きの場合、当然数字入力が早いです。レジ打ちをしたことがあるならブラインドタッチも簡単で、計算にも役立つから、Excelユーザーには欠かせないツールでしょう。別途テンキーのみ買う必要もなく、節約にも繋がります。

テンキーレスの場合、キーボードがコンパクトになるので、ワイヤレスと同じく省スペースとなるでしょう。数字をあまり打たないならこちらの利点が大きくなるし、もしも後から必要になれば、テンキーのみのキーボードを買っても良いでしょう。

パンタグラフとメカニカルのどっちがお好み?

そして、キーボードには『パンタグラフ形式』と『メカニカル形式』の二つがあります。これはボタンの感触が異なるため、相性が良いほうを選ぶと、長く文字を打つ際の快適さに繋がるでしょう。

パンタグラフは、ノートパソコンのキーボードを想像すれば良いです。非常に薄くパチパチといった押し心地で、少ない力でボタンがしっかり押せます。持ち運びやすいものが多い半面、ストロークの浅さから、打鍵感が足りないと感じる人もいるでしょう。

メカニカルはその逆で、しっかりと押し込めるタイプです。デスクトップパソコンの付属品として用意されることも多く、打鍵感を求めるならこちらです。半面、ノートパソコンに慣れていると、押し込みが足りないこともあるので注意してください。