HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  マウスで変わるパソコンの操作

マウスで変わるパソコンの操作

パソコンを操作するためのデバイスとして、キーボードに並ぶアイテムが『マウス』です。スマホやタブレットでのタッチ操作と異なり、細かな操作が得意なので、まだまだ使われる場面も多いですね。

そこで自作PCユーザーに聞きたいのですが、本体性能にこだわっているなら、このマウスにもこだわっていますか?「本体にお金をかけたからマウスは適当でいいや…」なんて考えていると、せっかくの高性能を活かしきれないかもしれません。

パソコンとタッチパネルは相性がイマイチ?

スマホが普及したことにともない、パソコンでも似たような操作性を再現するため、タッチパネル対応のパソコンも増えましたね。特に世界的に有名なOSであるWindowsの8は、パソコンとタッチパネルの融合を狙ったものでした。

しかし、そのWindows8の評判からもわかるように、パソコンではまだまだマウスが欠かせません。タッチパネルだと精密操作に向かないため、細かな作業ができず、直接触れる機能はまだ中途半端な完成度でした。

だから、どんなパソコンでもマウスは必須です。自作するほどパソコンにこだわるなら、このマウスもこだわった一品にすべきだと思いませんか?良いマウスを選ぶと、とても快適な体験ができるので、改めて自作PCの良さが確認できるでしょう。

マウスは無線か優先か悩ましい

マウスでもキーボードと同じように、『無線式』と『有線式』があります。世の主流は無線式なのですが、ゲーマーなどの一部からは、有線式への熱い支持が目立ちますね。

無線式マウスは、やっぱり場所を選ばないのが利点です。線があると持ち運びやポジションに限界がありますが、無線はその制限からも解放されるのです。若干重量が気になるところですが、小型ならその欠点を補えるので、重量とサイズは良く見ましょう。

有線式はゲーマーに人気なように、とにかく反応が抜群に良いのです。無線も最近は早いですが、電波干渉の問題からか、信頼性は有線のものでしょう。さらに大きさの割にとても軽く、充電も不要で長時間使えますね。

多機能なボタンのマウスはどれも優秀!

「マウスもキーボードみたいに、もっと多機能にならないかな…」そうお考えなら、『多ボタンマウス』がベストでしょう。名前の通りたくさんボタンが付いているマウスですが、これが想像以上に便利です。

ボタンの多いマウスは、それぞれに自分で機能を割り当て可能で、ショートカットの登録もできます。『コピー』とか『ペースト』みたいな良く使う機能を設定しておくと、キーボードを触ることなくマウスでスイスイ操作可能です。

ボタンの数や機能は購入するマウスで異なるので、自分が良く使うショートカットを思い出し、欲しいボタン数などをイメージしましょう。必要十分なマウスを選べば、長く付き合える一品になってくれます。

机が狭いなら小さなマウスを検討!

自作PCユーザーの机は、配線や本体サイズもあって狭くないですか?大きなパソコンほど拡張性があるので仕方ないですが、それだと操作性に難がありますよね?

その場合、『小型マウス』をチョイスしましょう。小型にもいろいろ種類がありますが、なんと手のひらに収まるサイズもあり、狭くても十分なパフォーマンスを見せてくれます。サブにノートパソコンがあるなら、一緒に持ち運べるのも嬉しいですね。

ただし、小型マウスは無線ばかりで、多機能でもないのに注意しましょう。小ささを求めると一定の制約が生じるので、自分に一番必要な要素を考え、サイズは最初に検討してくださいね。