HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  音にこだわる人はスピーカーも意識すべし

音にこだわる人はスピーカーも意識すべし

音楽を聴く時、昔はコンポといった専用機器を利用していました。ですが時代は変わって音楽もデータ保管が容易になり、パソコンで聴く人も増えましたよね?だからパソコンの周辺機器として、『スピーカー』も必須になっているのです。

スピーカーといってもピンキリで、「最低限音が出れば良い」のなら、非常に安くコンパクトなもので構いません。でも、音楽が好きなら長時間聴くことも多く、その際に悪いスピーカーを使っていると、耳にダメージが発生します。

スピーカーならどれでも使える?

自作PCユーザーなら、「できるだけ周辺機器は再利用して節約しよう」と考えやすく、家にオーディオがあればスピーカーを流用したいでしょう。ですが、これは上手くいきません。

実はパソコン向けスピーカーでないと、アンプが内臓されていないので、PCからの直接再生は難しいのです。いくらパソコンを自作できるといっても、スピーカーの改造は困難ですよね?

だから、自作PCにスピーカーを付ける場合、『パソコン用』と書かれた製品を使いましょう。「オーディオ用のほうが音も良さそう」なんて考えず、パソコンの互換性を第一に考えてください。その上で、どんな製品を選ぶか決めましょう。

小さなスピーカーでも十分?

スピーカーといえば、ちょっとしたタワー型パソコンの本体サイズを想像しませんか?もちろんそれくらいの製品もありますが、小型化が進む現代において、一概にいえないのが最近のスピーカー事情です。

話題の製品に目を向けると、『球体型』などのコンパクトなスピーカーも、音楽市場では大変目立っています。小さめのスピーカーだと省スペースなので、空いた場所に別のものを置けるなどのメリットがあり、自分の机と相談してみましょう。

ただし、大きなスピーカーのほうが迫力満点なので、音楽にこだわるならそちらも選択肢に入ります。どれだけ音が重要なのか、それで他の周辺機器とのサイズを見比べ、デスク周りのレイアウトを決めてください。

無線で繋げるスピーカーもある!

最近のキーボードやマウスに積極採用される『無線タイプ』ですが、これはスピーカーでも同じです。USBなどのケーブル不要で音を流し、無線ならではのメリットを感じられるでしょう。

そんな無線スピーカーの利点は、驚きのコンパクトさですね。さらに配線も意識せずに済むため、机が散らかりにくく、配置も自由です。無線が届く範囲であれば、ちょっと離れた位置にも置けるので、斬新な作業環境も作れるでしょう。

ですが、無線式は充電が必要だったり、ノイズが発生しやすかったりという欠点もあります。音質が最優先なら、無線はデメリットも目立つかもしれません。

安物のスピーカーは体に異常もきたす! ?

さて、そんなスピーカー選びですが、基本は『高価格=高音質』が当てはまります。けれども、ネット検索をしていると「こんなに大きくて立派なのにすごく安い!」みたいな製品も見つかるでしょう。ノンブランドと書かれた品は、そうした傾向もあります。

しかし、格安スピーカーの一部は早々に故障したり、ノイズまみれで使い物にならなかったりします。『安物買いの銭失い』という格言がありますが、安さに飛びつくと痛い目を遭いやすいでしょう。

例えば音が悪いだけならまだしも、雑音が酷いとムフフな動画を見ても萎えてしまい、「もしかしてEDになってしまった…?」なんて要らぬ心配までしやすいです。もちろん本当にそうならバイアグラを処方してもらい、早期のうちに治しましょう。ジェネリック医薬品なら、大変手軽に利用できます。

このように、スピーカー選びは適当すぎると、体にも少なからず影響があるのです。