HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  外付けの記憶装置も併用しよう

外付けの記憶装置も併用しよう

パソコンが高価格になる要因の一つが、『記憶容量(ストレージ)』ですね。当然大きいほど値段が上がりますが、自作することで価格を下げられます。ただ、いくら自作して本体容量を増やしても、それだけでは不安です。

そこで、外付けの記憶装置も活用しましょう。これには非常に豊富な種類がありますが、どれも使い道に関しては同じです。大事なデータのバックアップにも使えますから、早期購入が安全の鍵でしょう。

バックアップをしないと後で泣くことに!?

パソコンでさまざまな動画や写真が見られるようになった今、男ならエッチなお宝動画や画像もお持ちですよね?そうしたデータは何としても失いたくないので、きちんと対策をしていますか?

「このパソコンはまだ一年も経過していないから安心!」と思うかもしれませんが、なんの前触れもなく壊れるのがパソコンです。エッチな気分になったからとスイッチを入れると、全てのデータが消えていた…なんてケースもあります。

この時にバックアップをとっていないと、あまりのショックでエッチな気分も吹き飛んで萎えてしまう可能性も。大げさかもしれませんが、精神的なEDになることもあるかもしれません。それが嫌なら定期的に、外付けの記憶装置にバックアップをとりましょう。

なお、本当にEDになってしまったら、新しいおかず探しよりも先に、バイアグラを処方してもらうべきです。専門クリニックなら気軽に相談できて、「自作PC作ったからお金がない…」というのなら、ジェネリックタイプも希望できます。

外付けの記憶装置ならHDDが無難?

外付けの記憶装置として無難なのは、やっぱり『HDD(ハードディスクドライブ)』でしょう。こちらはパソコン本体にも内蔵されており、その内蔵型のドライブを外付けにするキットもあります。

HDDの特徴は、『低価格かつ大容量』なことです。なんと4TBもの容量が2万円以内で手に入るので、最初にこれ一つ買っておけば、数年は困らないでしょう。単純に考えると、1GBの動画が4000本も記録できるのです。

ただし、HDDはデータが増えすぎると、読み込みに時間がかかります。また、休止状態から復帰するのにも時間がかかるので、常に回転させないと素早くアクセスできません。もっとも、常に動かしていると故障率も上がるため、ある程度心にゆとりを持って運用しましょう。

お金があるならSSDも検討可能?

HDDと並んでパソコンに内蔵され、そして外付けも多数販売されているのが『SSD(ソリッドステートドライブ)』です。主にノートパソコンに内蔵されるように、HDD以上にコンパクトな製品が多いでしょう。

SSDの特徴は、『とにかく読み込みが早い』という点です。休止状態からの復帰も早く、さらに音もほぼありませんので、静音性も抜群です。今後HDDに取って代わる記憶装置とされますが、現段階では欠点も目立ちます。

このSSD、実は非常に高価格なのです。例として、500GBですら2万円はかかり、HDDの倍どころではありません。なので、SSDは頻繁にアクセスするデータに、普段は保管するだけのデータならHDDに…と使い分ける人が多数派ですね。

容量次第ではUSBやSDカードでも十分?

HDDとSSDは、主に500GB以上を想定して作られています。もしも「バックアップするようなデータはあまりない」のなら、『USBメモリやSDカード』も検討すべきです。

これらは容量に関してはかなり少なく、多くても64GBや128GBくらいです。それ以上になると値段の割に合わないのですが、とても小さいので持ち運びは容易です。

また、読み込み速度も早く、待機状態などを意識する必要もありません。テキストなどのバックアップなら容量も不要なので、十分考慮の余地があるでしょう。