HOME  HOME  >  自作PCユーザーの生活  >  故障もアップグレードも思いのまま!?長く付き合える相棒を作る

故障もアップグレードも思いのまま!?長く付き合える相棒を作る

パソコンは日進月歩を繰り返すので、定期的な買い換えが必要です。中には10年以上同じマシンを使う人もいますが、満足のいくパフォーマンスかどうかは怪しいでしょう。快適に動かすなら、定期的な投資だと割り切るべきです。

その買い換え費用を大きくカットしたいなら、自作PCにチャレンジしてみましょう。パソコンという精密機器を自作なんて難しそうですが、それに見合う価値を秘めており、故障時にも強くなれます。

パソコンの買い換えはどうしてる?

パソコンのOSは年々アップグレードされ、使っているアプリも高度化していきます。そうなると、『システムを動かすのに必要な最低限の性能』は常に向上しており、中には最新OSのみで起動するソフトもあるでしょう。

こんな世の中なので、長くても5年程度で買い換える人がほとんどです。パソコンは安くても数万、高性能機なら十数万はするので、その費用に頭を悩ませるでしょう。下取りという手もありますが、パソコンの買取値はあっという間に下落し、二束三文ですね。

そこで検討すべきが、自分で作れるパソコンです。自作PCはかなり敷居が高そうですが、幸い今はネット全盛期で、検索すれば大体の知識は身につきます。そうして興味がわいたら、十分チャレンジする価値があるでしょう。

自作PCなら安く作れるのが最大の利点!

自作PCは名前の通り、自分で作るので組み立て費用もかからず、人件費は発生しませんね。その分スペックを増して作れるので、値段の割にはパフォーマンスに優れるのです。

ただ、最近は海外メーカーの激安パソコンが多数出ており、性能さえ気にしないなら、そちらが値段面では勝ります。しかし、長く使うなら高性能は欠かせない点なので、長期的に考えれば、自作PCに軍配が上がるでしょう。

さらに、自分で組み立てるという部分に注目です。自作PCなので当たり前ですが、故障やアップグレードをしたい場合、その点が活きてきます。

故障してもアップグレードしても安心な自作PC!

例えば故障した場合、メーカー品なら修理に出さないといけませんよね?しかし、自作PCなら内部も自分が熟知しており、自力で治しやすいです。一部のパーツが壊れただけなら、そこを特定して換装すれば完了ですね。

さらに、「OSを最新のものに入れ替えたら、動作が遅くなった…」という場合も安心です。こうした動作は『CPU』や『メモリ』を強化することで、再び快適に動く可能性があります。部分的に変えるだけで良いから、買い換えよりもコストは安いでしょう。

このように、自作PCは『パーツの入れ替えが自分でできるから長く使える』のも魅力の一つです。スペックと安さだけでなく、長期利用を希望するなら、ますます自分で組み立てる価値があります。

パーツの再利用で生き続ける自作PC

そんな自作PCですが、時には複数のパーツを入れ替える、大規模な組み直しもあるでしょう。そんな時でもまだ使えるパーツがあれば、そこだけ抜き取って新しいマシンへ組み込めますよね?

こうやって自作PCをなんども作っていれば、日本人が好む『長く使える道具』に変わります。パソコンを消耗品だと思っていたのなら、自作することで価値観も変わるでしょう。